まごころ込めて占います

本日の西洋占星術講座

本日、16:00から西洋占星術初級講座を開催しました。

今日は12星座、2極性、3モダリティ、4大エレメントを勉強しました。

生徒さん、ひとり一人がホロスコープを見て自分の太陽が何座にあるかを調べました。
自分が何座か知っている方は多いと思いますが、太陽星座は、″社会的にこうでありたい″という指標を顕しています。太陽が当たっている時の自分、つまりスポットライトが当たっている時の自分ですから、他人にどう見られたいかという意味にもとれます。
実際の自分自身の内面は、生まれた時の″月″を見るともっと、ピンとくるかもしれません。やはり、当たるという声が多かったです。
私たちは、宇宙の星と共に生きています。銀河系の星を意識する事は、自分自身がありとあらゆるものに影響されて生きているという事に繋がり、自分自身だけの狭い視野を広げてくれます。
同時に、星を学ぶ事は、大宇宙の恩恵に感謝する事でもあります。

そして、広く一般に知られている自分の太陽星座以外の、生まれた日の月、水星、火星、金星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の位置をひとつづつ見ていくと自分自身の新しい発見があるでしょう。

今期は、まだ始まったばかりなので、途中参加でもまだ充分間に合います。また、お休みしてしまった日の分もビデオ補講が出来ますので、いつからでも始められます。興味のある方は是非、いっしょに学んでみませんか?

by みずきかのん

bnr